ギヨン管症候群の原因・症状・治療法

原因

ギヨン管症候群は、ギヨン管における尺骨神経の絞扼障害です。

ギヨン管周辺の軟部組織の炎症や変性(線維化)により、尺骨神経の絞扼が起こります。

ギヨン管には尺骨神経の他に尺骨動脈も走行しています。

従って、ギヨン管において尺骨動脈が影響を受ける場合もあります(下図)。その場合、尺骨神経の絞扼障害とは異なる症状が現れます(「症状」のセクションで解説)

有鈎骨鈎の骨折

有鈎骨鈎の骨折はゴルファーにしばしば見られる症状です。

有鈎骨鈎の骨折後、ギヨン管周辺の軟部組織の線維化によりギヨン管症候群になるケースがあります。

症状

ギヨン管症候群の主症状は手の痺れや痛み、感覚鈍麻です(下図)。

また、動脈が影響を受けている場合も同様に手の知覚異常が現れます。その場合、手全体に知覚異常が広がる傾向があります。

尺骨神経の知覚支配領域における手の痺れ、痛み、感覚鈍麻

検査法

触診検査

ギヨン管周辺にある軟部組織の触診を行います。

整形外科的テスト

ギヨン管症候群の整形外科的テストにはティネル兆候があります。

ギヨン管の上でタッピングを行い、手の症状(痺れや痛み)が増悪すれば陽性となります。

治療法

筋膜リリース

ギヨン管周辺にある軟部組織のリリースを行います。具体的には以下のような軟部組織になります。

  • 小指球筋
  • 尺側手根屈筋腱、
  • 掌側手根靭帯
  • 豆状骨鈎状骨靭帯

ギヨン管症候群ではこれらの構造の線維化により、周辺組織との癒着が生じています。

ちなみに、小指球筋は以下の筋肉の総称です。

  • 小指対立筋
  • 小指外転筋
  • 短小指屈筋
  • 短掌筋

神経リリース

尺骨神経自体が症状に影響を及ぼしていることがあります。その場合、尺骨神経のリリースを行います。

アジャスメント

以下の部位に可動域制限(フィクセーション)が認められる場合、アジャスメントを行います。

  1. 豆状骨
  2. 有鈎骨
  3. 尺骨遠位端

ホームエクササイズ

ギヨン管症候群では小指球筋の過緊張・拘縮が起こっています。従って、小指球筋のストレッチを行うようにします。

小指球筋のストレッチは、以下のような手順で行います。

  1. 肘を完全伸展位に保つ
  2. 手首を背屈位にする
  3. 上記のポジション(最大ストレッチポジション)で30秒程度維持する

 

尺骨神経の絞扼障害

尺骨神経の絞扼障害は、ギヨン管以外においても発生します。

  1. 腋窩
  2. Struthers腱弓
  3. 内側上腕筋間中隔
  4. 肘部管
  5. ギヨン管

関連動画

 

関連記事

尺側手根屈筋は前腕最大の筋肉であり、解剖学的に尺骨神経と密接な関わりを持っています。本記事では尺側手根屈筋の解剖学に加え、肘部管症候群や内側上顆炎についても解説してあります。

関連記事

解剖学(起始・停止・作用・神経支配) 起始;内側上顆(上腕頭)、尺骨近位1/2(尺骨頭) 停止;豆状骨、有鈎骨、第5中手骨底 作用;手関節の屈曲 神経支配;尺骨神経、C8/T1 尺骨神経と尺側手根屈筋 前腕において尺骨神経は[…]

 

尺骨神経はC8/T1脊髄神経から起こります。腕神経叢の内側神経束から分岐した後、尺骨神経となります。

関連記事

走行 尺骨神経はC8/T1脊髄神経から起こります。腕神経叢の内側神経束から分岐した後、尺骨神経となります。 腋窩 尺骨神経は腋窩において、烏口腕筋の内側、腋窩動脈の外側を走行しています。 上腕 上腕の近位1/3では、烏口腕[…]

 

正中神経はC4-T1脊髄神経由来の神経です。腕神経叢の内側神経束と外側神経束が合流した後、上腕部で正中神経となります。その後、前腕部を下行し前骨間神経と正中神経掌枝に分岐します。前骨間神経は方形回内筋に終始しています。一方、正中神経掌枝は手掌部の皮枝となります。

関連記事

走行 正中神経はC4-T1脊髄神経由来の神経です。 腕神経叢の内側神経束と外側神経束が合流した後、上腕部で正中神経となります。 その後、前腕部を下行し前骨間神経と正中神経掌枝に分岐します。 前骨間神経は方形回内筋に終始し[…]

 

外側上顆炎の主な症状は肘外側の痛みです。局所的な鋭い痛みが特徴であり、しばしば前腕外側の関連痛を引き起こします。また、握力の低下や手で物を掴んで持ち上げる動作の時に痛みの増悪を訴えるケースが多いです。

関連記事

外側上顆炎は1873年にRungeによって初めて報告された症状ですが、『テニス肘』という言葉は1883年にMajorによって初めて使われました。 テニス肘とも呼ばれており、肘関節の痛みで最も多い症状です。患者の多くは30歳[…]

記事はいかがでしたか?

こちらには記事を読んでいただいた方にもっとも適した広告が表示されます。

最新情報をチェックしよう!