【体脂肪燃焼サプリ】皮下脂肪を効果的に燃焼させるサプリメント11選

体脂肪(皮下脂肪)の燃焼サプリメントには、たくさんの種類があります。

それらのサプリメントでは、「脂肪を燃焼させ痩せることができる(ダイエット)」、「脂肪の溶解を助けることができる」と喧伝しています。

これらの体脂肪燃焼系サプリメントは、以下の3通りのメカニズムで体脂肪の燃焼を促します。

  1. 食欲の抑制;満腹感によって摂取カロリーを抑制
  2. 吸収をブロック;脂肪や糖質の吸収をブロックすることで摂取カロリーを抑制
  3. 体脂肪の燃焼促進;脂肪の溶解を促進

以下は現在市場に出回っている、体脂肪を減らす(ダイエット)効果のあるサプリメントです。

ガルシニアカンボジア

ガルシニアカンボジアは、外見はカボチャに似ている小さい緑色のフルーツです。

ガルシニアカンボジア

ガルシニアカンボジアの皮には、ヒドロキシルクエン酸(hydroxycitric acid, HCA)が含まれています。HCAはダイエット効果(体脂肪を減らす効果)があると言われています。

HCA(ガルシニアカンボジア)には、以下のような働きがあります (Ohia SE, 2002, http://bit.ly/2m1zYkK)。

  • 脂肪を生成・分泌する酵素の働きを抑える
  • セロトニンの分泌を促進する

セロトニンは飢餓感を和らげる効果があると言われており、それもダイエット効果に貢献すると思われます。

副作用は特に報告されていませんが、軽度の消化不良が起こる場合があります。

ガルシニアカンボジアNow Foods, ガルシニア, 1,000 mg, 120 錠(商品リンク
ガルシニアカンボジアは東南アジア原産の植物で、数世紀にわたって伝統的な漢方医により使われてきました。ガルシニアの主要生物活性成分のヒドロキシクエン酸(HCA)は、脂肪酸の細胞合成を司る主な酵素、シトレートリアーゼへの影響が幅広く研究されています。HCAは、炭水化物から脂肪酸への変換量の減少が科学的研究で示されています。

ハイドロキシカット

ハイドロキシカットは、個人的にも体脂肪の燃焼に効果を感じているサプリメントです。成分は、カフェインや植物から抽出された物質です。

従って、カフェインに対してアレルギーがある場合、もしくは敏感な場合はこのサプリメントの摂取を控えた方が良いでしょう。副作用はカフェイン由来のもの(震え、下痢、吐き気など)になります。

ハイドロキシカットハイドロキシカット・ハードコア、エリート(商品リンク)
カフェイン、L-テアニンとトウガラシを配合した強力なフォーミュラは、体脂肪の燃焼効率を上げます。さらに、Hydroxycut Hardcore Eliteの主要成分であるグリーンコーヒーエキスが減量をサポートします。

ご存じのようにカフェインは、コーヒー豆の成分の一つです。緑茶やダークチョコレートなどにも多く含まれています。

カフェインは交感神経を刺激する働きがあり、それにより基礎代謝が上昇します。

カフェインの摂取により3%から11%も代謝が上がったことが報告されています。また、それに伴い体脂肪の燃焼が29%上昇しています (Dulloo AG, 1989, http://bit.ly/2k6YOPA)。

カフェインの大量摂取は、不眠、震え、吐き気、下痢などの症状を引き起こします。また、常習性もあるため摂取には注意しましょう。

カフェインNutrex Research, カフェイン200(商品リンク)
運動の15分前または必要に応じて液状カプセルを1回服用してください。24時間以内に2回以上の摂取はしないでください。

ラズベリーケトン

グリーンコーヒー
グリーンコーヒー豆は、ローストする前のコーヒー豆のことです。ダイエット効果のある成分には、カフェインとクロロゲン酸の2つがあります。
カフェインには体脂肪燃焼効果、そしてクロロゲン酸には糖質の分解を遅らせる働きがあります。
グリーンコーヒー豆の有効性を検証した論文はいくつかあります。それらは、いずれも体重減少(ダイエット)効果があったと報告しています(Vinson JA,  2012, http://bit.ly/2k5me7Z; Thom E, 2007, http://bit.ly/2k2lqAB)。

また、グリーンコーヒー豆には、血糖値と血圧を下げる働きもあります。さらに、抗酸化作用も持っています(活性酸素の除去) (Hemmerle H, 1997, http://bit.ly/2kxuP3h; Suzuki A2002, http://bit.ly/2kxF8EH; ; Watanabe T, 2006, http://bit.ly/2lz4hPA)。

グリーンコーヒー豆Source Naturals, グリーンコーヒーエキス, 500 mg, 60 錠(商品リンク)
Source Naturals グリーンコーヒーエキスには、強力な抗酸化作用があります。また、正常な細胞再生と成長をサポートすることが実証されています。有効成分は、クロロゲン酸とカフェ酸です。

グルコマンナン

グルコマンナンはコンニャクに多く含まれています。水との親和性が強く、摂取してすぐに満腹感を感じるので、食べる量が自然と減ります。

グルコマンナンは繊維質の一種であり、腸内にある善玉菌の餌になります。結果的に善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。

また、血糖値や血中コレステロール値を下げる働きもあります。便秘の改善にも効果的です。

食事の1時間前にたっぷりの水と一緒に摂ってください。

グルコマンナンNow Foods, グルコマンナン、575 mg、180カプセル(商品リンク)
グルコマンナンは水溶性の誇張性食物繊維で、コンニャクイモ(Amorphophallus konjac)が原料です。定期的なお通じを維持させる働きがあります。また、健康的な血中コレステロール値を維持させる働きもあります。さらに、満腹感が得られるので、健康的な食生活と運動を取り入れた体重維持に効果的です。

メラトリム

メラトリムは脂肪細胞の代謝を変える作用があります。具体的には以下のような働きもあります。

  1. 脂肪細胞の増殖を抑制
  2. 血中を流れる脂質の取り込みを抑制
  3. 体脂肪の燃焼を促進

メラトリムEmerald Laboratories, メラトリム、800 mg、植物性カプセル60錠(商品リンク)
Meratrimは2種類の強力な植物エキスが配合されており、自然な方法でわずか2週間で健康的な減量の成果を促進することが証明されています。

緑茶のサプリメント

緑茶はノルエピネフリンを活性化させ、体脂肪の燃焼を促す働きがあります(ノルエピネフリンには脂肪燃焼効果があります)。また、緑茶には抗酸化作用もあります。

緑茶の脂肪燃焼効果は、特にお腹の脂肪を減らすのに効果的という研究報告がいくつかあります (Auvichayapat P, 2008 ,http://bit.ly/2lyG5wL; Hursel R, 2009, http://bit.ly/2lVy7h9)

緑茶Now Foods, EGCg、緑茶エキス、400 mg、180野菜カプセル(商品リンク)
EGCgは緑茶抽出エキス(カテキン)です。NOWの緑茶エキスカプセル1粒には、緑茶約2~3杯分の植物栄養成分があります。緑茶の生物活性化合物には、強力な抗酸化作用のあるポリフェノールおよびカテキンが含まれています。

共役リノール酸(Conjugated Linoleic Acid, CLA)

共役リノール酸(CLA)は、チーズやバターなどに含まれている脂肪酸です。CLAの働きには、以下の3つがあります。
  1. 食欲の抑制
  2. 基礎代謝を上げる
  3. 体脂肪の溶解

CLAは腸内環境を悪化させ慢性炎症を引き起こす可能性があります。また、インシュリン分泌にも影響を与える可能性があるため、糖尿病がある場合は摂取前に担当医と相談してください。

CLANow Foods, CLA(共役リノール酸)エクストリーム, 90 ソフトジェル(商品リンク)
CLAエクストリームは、共益リノール酸(CLA)、ガラナと緑茶エキス(GTE)を配合してあります。ガラナは緑茶と併せると、毎日のエネルギー消費を高めることができます。GTEは、ポリフェノールとカテキンなどの、酸化ストレスから守ってくれます。

フォルスコリン(Forskolin)

フォルスコリンはミントから抽出された物質です。細胞にあるcAMP(環状アデノシン一リン酸)の生成を促し、脂肪を燃焼させる働きがあります。

フォルスコリンCardiovascular Research, フォルスコリン, 60カプセル(商品リンク)
フォルスコリンは、アセチルチロシンとともにアーユルヴェーダハーブのコレウスフォルスコリの標準化抽出物を含む、科学的に設計された健康補助食品です。

シネフリン・ダイダイ

オレンジの一種であるダイダイには、シネフリンという物質が含まれています。

ダイダイ、シネフリン

シネフリンと化学的に類似した物質にエフェドリンがあります。エフェドリンは体脂肪燃焼効果があることで有名ですが、身体に有害作用があるということで現在は禁止薬物に指定されています。

シネフリンはエフェドリンと同じメカニズムで働きます。しかし、体脂肪燃焼効果はエフォドリンよりも弱いと言われています。また、食欲の抑制効果もあります。

シネフリンGAT, ジェットフュエルT-300(商品リンク)
T300は体内の脂肪燃焼プロセスを刺激し、除脂肪筋肉を得て引き締まった体になるために激しくトレーニングしている方のお手伝いをします。テストステロンの分泌も促進されます。

まとめ

以上をまとめると以下のようになります。

  • 体重を減らすために効果的なサプリメント;グルコマンナン、CLA
  • 体脂肪の燃焼効果を高めるサプリメント;ハイドロキシカット、カフェイン、緑茶、メラトリム、シネフリン

しかし、サプリメントはあくまでも『補助的に活用する』ことを忘れないようにしてください。

クリーンな食事を心がけ、生活習慣を整えることが最優先事項です。また、運動との併用は必須です。

関連記事

関連記事

体脂肪を燃焼させるためには、有酸素運動は必須です。これは、私の33年のボディビル経験からも断言できます。 有酸素運動の代表と言えばランニング(ジョギング)ですね。私もボディビル大会に向けて、必ずランニングを行いました。 本記事で[…]

関連記事

ダイエットを成功させるためには、運動、栄養、休養のバランスが大切です。これら3つが全て揃って、より効率的なダイエットにすることができます。 今回は効率的なダイエットのための運動のタイミングについてお話したいと思います。私自身、ボディビ[…]

関連記事

筋トレとダイエットは非常に相性が良いです。言い方を変えれば、効果的なダイエットのためには筋トレは必須と言っても過言ではないでしょう。これは、筋トレ歴33年の私の経験からも自信を持って言えます。 「ヨーヨーダイエット」という言葉を聞いた[…]

参考文献

  1. Ohia SEOpere CALeDay AMBagchi MBagchi DStohs SJ: Safety and mechanism of appetite suppression by a novel hydroxycitric acid extract (HCA-SX). 2002 Sep;238(1-2):89-103 (http://bit.ly/2m1zYkK).
  2. Dulloo AGGeissler CAHorton TCollins AMiller DS: Normal caffeine consumption: influence on thermogenesis and daily energy expenditure in lean and postobese human volunteers. 1989 Jan;49(1):44-50 (http://bit.ly/2k6YOPA).
  3. Park KS: Raspberry ketone increases both lipolysis and fatty acid oxidation in 3T3-L1 adipocytes. 2010 Oct;76(15):1654-8. doi: 10.1055/s-0030-1249860. Epub 2010 Apr 27 (http://bit.ly/2kuGUq3).
  4. Vinson JABurnham BRNagendran MVRandomized, double-blind, placebo-controlled, linear dose, crossover study to evaluate the efficacy and safety of a green coffee bean extract in overweight subjects. 2012;5:21-7. doi: 10.2147/DMSO.S27665. Epub 2012 Jan 18 (http://bit.ly/2k5me7Z).
  5. Thom EThe effect of chlorogenic acid enriched coffee on glucose absorption in healthy volunteers and its effect on body mass when used long-term in overweight and obese people. 2007 Nov-Dec;35(6):900-8 (http://bit.ly/2k2lqAB).
  6. Hemmerle HBurger HJBelow PSchubert GRippel RSchindler PWPaulus EHerling AWChlorogenic acid and synthetic chlorogenic acid derivatives: novel inhibitors of hepatic glucose-6-phosphate translocase. 1997 Jan 17;40(2):137-45 (http://bit.ly/2kxuP3h).
  7. Suzuki AKagawa DOchiai RTokimitsu ISaito: Green coffee bean extract and its metabolites have a hypotensive effect in spontaneously hypertensive rats. 2002 Jan;25(1):99-107 (http://bit.ly/2kxF8EH).
  8. Watanabe TArai YMitsui YKusaura TOkawa WKajihara YSaito I: The blood pressure-lowering effect and safety of chlorogenic acid from green coffee bean extract in essential hypertension. 2006 Jul;28(5):439-49 (http://bit.ly/2lz4hPA).
  9. Auvichayapat PPrapochanung MTunkamnerdthai O, etc: Effectiveness of green tea on weight reduction in obese Thais: A randomized, controlled trial. 2008 Feb 27;93(3):486-91. Epub 2007 Oct 18 (http://bit.ly/2lyG5wL).
  10. Hursel RViechtbauer WWesterterp-Plantenga MS: The effects of green tea on weight loss and weight maintenance: a meta-analysis. 2009 Sep;33(9):956-61. doi: 10.1038/ijo.2009.135. Epub 2009 Jul 14 (http://bit.ly/2lVy7h9).

 

ボディビル歴33年。国内外のボディビル大会で優勝・入賞経験多数。自らの肉体を実験台にして、ウエイトトレーニングや食事(サプリメント)を実践。医学博士号(スポーツ医学)所持。プロフィール詳細。

記事はいかがでしたか?

こちらには記事を読んでいただいた方にもっとも適した広告が表示されます。

最新情報をチェックしよう!