坐骨神経の解剖・支配筋・絞扼箇所について

坐骨神経について以下の項目を解説しています。

  1. 走行
  2. 支配筋
  3. 坐骨神経痛
  4. 絞扼箇所

坐骨神経の走行

坐骨神経はL4-S3脊髄神経が束になった後、大坐骨孔を外に出ます。

その後梨状筋の下、坐骨結節の外側を通り、大腿後面、下腿後面へと下行していきます。

大腿後面において、脛骨神経と総腓骨神経に枝分かれしています。

総腓骨神経は腓骨頭の後側から前側に向かってらせん状に伸びています。その際、腓骨管と呼ばれる部分を走行しています。

総腓骨神経が腓骨管で絞扼される症状を腓骨管症候群と呼びます。

 

脛骨神経は足関節内側に置いて内側踵骨枝、外側足底神経、内側足底神経に分かれます。

足関節内側の部分は足根管と呼ばれており、ここで脛骨神経が絞扼を受けると足根管症候群となります。

 

坐骨神経の支配筋

大内転筋とハムストリング(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋)に支配を持っています。

ただし、坐骨神経が直接的に支配しているのは大内転筋だけす。

大腿二頭筋は総腓骨神経と脛骨神経の2つに神経から支配を受け、半腱様筋/半膜様筋は脛骨神経からの支配を受けています。

大内転筋:坐骨神経
大腿二頭筋:総腓骨神経、脛骨神経
半腱様筋:脛骨神経
半膜様筋:脛骨神経

坐骨神経痛

臀部から大腿後面、下腿後面、そして足底にかけて関連痛領域を持ちます。痺れ、電撃痛、感覚麻痺などが特徴です。

絞扼箇所

坐骨神経の絞扼箇所は主に4つあります。

  1. 大坐骨孔
  2. 梨状筋
  3. 坐骨結節
  4. ハムストリング

梨状筋症候群

特に梨状筋の下で絞扼されている場合、梨状筋症候群と呼ばれています。

梨状筋により坐骨神経が直接的に圧迫を受けている場合もありますが、梨状筋で発生した炎症が坐骨神経に伝搬されて坐骨神経痛が誘発されている場合もあります。

関連記事;梨状筋症候群

梨状筋の解剖学的アノマリー

梨状筋にはいくつかのアノマリーがあります。梨状筋症候群の患者で比較的多く認められるのが、梨状筋の筋腹が二分されているパターンです。

この場合、坐骨神経は二分された筋腹の間を走行しているため、この部位で絞扼(梨状筋症候群)が発生しやすくなります。

関連動画

関連記事

関連記事

脊柱管狭窄症は、1954年にVerbiestによって初めて報告されました (Verbiest H, 1954)。脊柱管の狭窄により神経や周辺組織の圧迫によって引き起こされる症状のことです。 脊柱管狭窄症でもっとも多い原因は[…]

関連記事

腰椎には5つの椎骨(L1~L5)があります。それぞれの椎骨の間には椎間板があり、衝撃吸収の役割を持っています。 椎間板は線維輪と髄核の2つの構造によって構成されています(図1)。髄核はジェル状の構造で周囲を線維輪によって覆[…]

関連記事

2つの隣り合った椎骨は、椎間板と椎間関節によって支えられています。椎間関節は椎骨後部の左右に1つずつあり、滑膜性関節に分類されます(図1)。 図1 椎間関節 腰椎の椎間関節はほぼ矢状面に平行となっているため、腰[…]

関連記事

梨状筋起因の坐骨神経痛は、1928年にYeomanによって初めて提唱されました。当時、彼はこの疾患を『仙腸関節周囲炎』と表現していました。 梨状筋症候群という疾患名はRobinsonによって初めて使われました。(D.R. […]

 

記事はいかがでしたか?

こちらには記事を読んでいただいた方にもっとも適した広告が表示されます。

最新情報をチェックしよう!