TAG

肩関節

  • 2019年8月19日
  • 2019年8月19日

胸鎖関節の運動学(バイオメカニクス)

機能解剖学 胸鎖関節の周辺構造には、滑膜、関節包、関節円板、靭帯などがあります。また、胸鎖関節は肩関節と体幹(胸骨)との連結部位となっています(胸鎖関節を切り離すと、上肢と体幹を切り離すことができます)。 胸鎖関節は関節包と靭帯によって補強されています。また、関節円板により、ある程度の可動性と強固な […]

  • 2019年8月14日
  • 2019年8月15日

肩甲骨(肩甲胸郭関節)の運動学

肩甲胸郭関節は肩甲骨と胸郭(肋骨)によって構成されている生理学的関節です。肩甲上腕関節や肩鎖関節、胸鎖関節のような滑膜性関節では骨と骨がしっかりとかみ合うことで、安定性が保たれています。 しかし、肩甲胸郭関節では関節による安定性はありません。 上肢の挙上時、肩甲骨は上腕骨の運動に連動します(肩甲上腕 […]

  • 2019年6月30日
  • 2019年8月24日

肩鎖関節の運動学(バイオメカニクス)

肩鎖関節は鎖骨遠位端と肩峰端(烏口突起)によって形成される関節です。鎖骨はS字状をしており、遠位1/3の領域でカーブが入れ替わります。 鎖骨の上面は胸鎖乳突筋鎖骨部の停止以外は滑らかな面を持っています。一方、下面には、鎖骨下筋の付着部位のための細長い溝、遠位1/3後部には僧帽筋の停止と円錐靱帯結節、 […]

  • 2019年5月29日
  • 2019年12月9日

五十肩・癒着性関節包炎(Adhesive capsulitis)の症状、検査法、治療法について

1872年にDuplayによって“関節周囲炎”という言葉が初めて使われた後、1934年にはCodmanによって“五十肩(Frozen shoulder)”と命名されました。“癒着性関節包炎”は1945年にNeviaserにより付けられた疾患名です。 以下の動画において、五十肩についてまとめて解説して […]