MONTH

2019年5月

  • 2019年5月29日
  • 2019年6月27日

外側上顆炎(Lateral epicondylitis)

外側上顆炎は1873年にRungeによって初めて報告された症状ですが、『テニス肘』という言葉は1883年にMajorによって初めて使われました。 テニス肘とも呼ばれており、肘関節の痛みで最も多い症状です。患者の多くは30歳以上であり、全人口の1%から3%の人に影響しています(https://goo. […]

  • 2019年5月29日
  • 2019年6月27日

癒着性関節包炎(Adhesive capsulitis)

1872年にDuplayによって“関節周囲炎”という言葉が初めて使われた後、1934年にはCodmanによって“五十肩(Frozen shoulder)”と命名されました。“癒着性関節包炎”は1945年にNeviaserにより付けられた疾患名です。 症状 癒着性関節包炎の症状の特徴は、肩関節の痛みと […]

  • 2019年5月29日
  • 2019年6月27日

オスグッド・シュラッター病(Osgood-Schlatter Disease)

オスグッド・シュラッター病は、アメリカ人の整形外科医Robert Osgood (1873-1956)とスイス人の外科医Carl Schlatter (1864-1934)の2人の名前から命名されました。 この疾患は小学生から高校生にしばしば見られる脛骨粗面の骨軟骨炎(成長骨端炎)です。 ジャンプ動 […]

  • 2019年5月29日
  • 2019年6月27日

腱板(ローテーターカフ)断裂

腱板(ローテーターカフ)は棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つの筋肉で構成される筋群の総称です。 肩関節の安定性にとって非常に重要な役割を果たしており、これらの筋肉の機能低下は直接的に肩関節の不安定性を引き起こします。 腱板断裂は変性の進行が潜在的要因となっているケースが多く、そのため40代以上に […]